【オンラインで中国語での学習レベルは?】中級クラス編

[2020.05.12]

こんにちは。

前回は、オンライン中国語の好好塾®で中国語のレッスンを受講する時の学習レベルはどの基準で学習したらよいか?と言うことで、入門レベル/初級レベルの基準や学習内容について説明しました。

 >ご覧になりたいときはここをクリックしてくださいね。その記事に飛びます。

 

 

今回は、中級レベルでの基準と学習内容を説明しますね。

 

 

 

 

中級レベルとは=中国語の核になっている発音の四声やピンイン記号(中国式ローマ字)が正しく発音できて、中国人と簡単な会話で中国人の言っていることが耳で聞けて、受け答えができて、自分の話した中国語が相手に分かってもらえることです。つまり中国人と日常の会話がはぼ成立していることです。中国語検定試験3級レベルです。中国人と日常会話でコミュニケーションが大体でいいので取れる人は、中級レベルに進んで学んでください。

 

 

これは、全く自分の基準でいいですよ。だって、中国語をどこからでも学んで分からないところを覚えて出来るようになれば、それで自分が使えるようになるからです。でも、中国語の発音がまだ上手く出来ない人や、まだ簡単な日常会話フレーズや基本的な文法を覚えていない人が、中級レベルから学習をスタートすると、「中国語は難しすぎる??!!」「自分の中国語が全く通じない!!」と頭を抱え、恐怖になり、挫折してしまいますからね。だからまだ発音の仕組みが分からなかったり、自分の中国語が全く中国人に通じない人は、入門レベルや初級レベルからスタートするのがおススメです。

 

 

 

 

中級レベルで学べることは:

 

中国人と上手く日常会話のコミュニケーションが取れるようにします。中国人の言っていることがすんなりあなたの耳に溶け込んで来て、自分の意志が相手に分かってもらえるようにします。これが出来るようになれば、中国や台湾や中華圏に一人で旅行も行けるようになるし、仕事でも使えるようになってきます。そして、あなたのお友達や同僚に簡単な通訳や翻訳をしてあげることが出来るようになり、「すごいね!」「ありがとう!」と感謝されるようになりますよ。授業では、フリートーク50%、中級レベルのテキストを使用50%の割合で進めて行くと、あなたの中国語力がアップしますよ。テキストばかりやっていても、頭でっかちで話せるようにならないので、当校では直接中国人講師と学べる良いチャンスがあるので、かならずフリートークで講師と会話練習を時々入れて、学習することをおススメします。

 

 

 

お問い合わせ:inform@online-haohao.jp

オンライン中国語の好好塾®ホームページ

この記事にコメントする
  • 名前:
接続失敗